「赤毛のアン」チャリティー講演会のご報告

東北学院大大学経営学部の村山貴俊ゼミ生の方々と共同で「赤毛のアン」チャリティー講演会を開催させていただきました。
この取り組みは、以前より、弊財団が行う遺児・孤児への無料学習支援活動に多大なるご協力とご支援をいただいている「赤毛のアン記念館・村岡花子文庫」の村岡美枝様、恵理様をお招きし、「アンから学ぶ前向きな生き方」についてご講演いただきお茶会を開催するというものです。

「震災から2年、被災地の学生として地域のためにできる事を考え、しっかりと一歩を踏み出したい」という村山ゼミの学生さんのおもいがこもった企画でした。

講演会のご報告 [PDF]

学生さんたちによる企画、デザイン ~グッズができるまで~

14名のゼミ生の方と財団のスタッフは何度も打ち合わせを重ね、企画を練り直しました。

「赤毛のアン」チャリティーグッズのご紹介

「赤毛のアン」 チャリティー講演会で以下のグッズを販売いたしました。グッズの収益は全て遺児への学習支援に使われます。

  • 鉛筆
  • シャープペン(全6色)
  • ノート
  • クリアファイル
  • セット ・ノート・クリアファイル・鉛筆・シャープペンシル

数に限りがございますが、ご希望の方にはご案内させていただきます。
お電話かEメールでお問い合わせくださいませ。 TEL:0120-001-296 / Email:info@lead.or.jp

遺児支援 ~無料学習支援開始まで~

  • 学習ボランティア説明会
  • 指導上の留意点・システムの説明
  • 面接の様子

指導報告と指導技術向上のための定期研修

研修の様子 報告会の様子 勉強会の様子
遺児支援報告書

遺児学習支援 定例授業報告会

指導担当スタッフによる授業報告 ~教育の立場から~ 講師 宮城教育大学卒 松川

遺児支援サポート ゲスト ~民間有志企業による経済的サポート~ 遺児支援のための進学サポート「みちのく未来基金」さん

遺児支援サポート ゲスト ~医学の立場から~ つくば国際大学 看護学科 教授 高橋 聡美先生

震災遺児の心理がどのように変化するか、また、どのような対応が求められるか専門的アドバイスをいただいております。

遺児支援活動 –新聞紙面掲載など-

河北新報 2011.6.2

河北新報 2011.12.1

キャンドルナイトで制作されたリースが届きました

キャンドルナイトでは、参加したみなさんが、被災した方をおもい白い花を一つひとつ手向けられたそうです。


  • とても素敵なリースです。見る度に励まされます。

  • JAPAN TIMESにも紹介されています。

関連資料